トップページへ戻る
フランク・ロイド・ライト

 

BLOG(有名建築家の作品)
   ル・コルビュジエ

建築界の三大巨匠ル・コルビュジエの作品です。

  

ル・コルビュジエの建築・前期

ル・コルビュジエは、建築界の三大巨匠のひとりで、1887年スイスに生まれ、地元の装飾美術学校に入学し、1907年に校長の勧めで建築家ルネ・シャパラと共に最初の住宅ァレ邸」の設計を手掛ける。


ファレ邸

1908年にパリに出て、鉄筋コンクリートの先駆者であるオーギュスト・ペレの事務所で15ヶ月間働き、1910年には、母校のドイツ留学の資格でベルリンでペーター・ベーレンスの事務所で働いた。

この留学の目的は、「装飾芸術の研究」であったが、彼が得たものは、「擬似的装飾意匠を否定する機械と工学の美学」であった。

この時、事務所には、ミース・ファン・デル・ローエとワルター・グロピウスが学んでいた。

1911年に半年かけて、美術商オーギュスト・クリブスタインと一緒に、東欧、トルコ、ギリシャ、イタリアを巡る旅に出る。そして、「建築は光線の中における巨大なフォルムの芸術であり、建築こそは精神を表現する一つ>のシステムである。」と啓示を受けた。

1914年に「ドミノシステム」(下の左の写真)を発表した。1920年にポール・デルメと雑誌「エスプリ・ヌーボー」を創刊し、3年間発刊し続けた。

1922年従弟のピエール・ジャンヌレと共同で事務所を開設して、この年に、ピロティと水平連続窓を持つ「シトロエン邸」(下の右の写真)を発表した。


ドミノシステム

この原理を基に、今後の住宅において実施し、最終的な完成形(「サヴォイ邸」)までに10年弱の時間を要した。

  

ル・コルビュジエの建築・中期

1925年に機能を積み重ねた複雑なかたちの住宅の原型「ラ・ロシュの住宅」(下の写真)が竣工した。(第1の原型)

ロシュ邸

1926年に「新しい建築の5つの要点」を下記の五項目で打ち出した。

      1、ピロティ

      2、屋上庭園

      3、自由な平面

      4、連続窓

      5、自由な立面

これは「ドミノシステム」と「シトロエン邸」を展開させて、新しい建築の造形原理まで高めたものである。

1927年黄金分割されたファサードを持つ、コンパクトな住居の原型「ガルシュの住宅」(下の左の写真…第2の原型)と、ピロティと屋上庭園を持ち、自由なプランの「シュツットガの住居」(下の右の写真…第3の原型)設計した。


ガルシュ・シュツットガの住居

1929年には、今までの設計してきた「3つの原型」の集大成である、「サヴォイ邸」(下の写真)を設計し、1931年に完成した。この建物は、「新しい建築の5つの要点」に基づき完成度高く実施した住宅建築である。

サヴォイ邸

「サヴォイ邸」は、1階は、必要なスペースを除いて、「ピロティ」に、1階部分の緑地を「屋上庭園」として屋上に設けてある。

室内は、必要最小限の間取りで「自由空間」を確保した。

外壁のファサードには、開放的な「連続窓」を設けて、必要性と美意識による「自由な立面」で構成している。

1929年に,救世軍本部を設計し、1933年竣工した。


救世軍本部

その後、第二次世界大戦を挟んで、ほとんどが計画案で終わっていたが、1945年終戦の年に、「モジュロール」の研究を完成させた。そして、復興省の依頼を受けて、マルセイユの「ユニテダビシオン」の設計に取りかかる。

  

ル・コルビュジエの建築・後期

1947年マンハッタンの国連本部ビル計画案は受諾されたが、実施設計から外された。

1951年インドのチャンデガールの都市計画の顧問に就任し、ピエール・ジャンヌレとの協働を再開した。

1952年「ユニテダビシオン」がマルセイユに竣工した。

ユニテダビシオン

1955年にチャンデガールの「高等裁判所」(下の上の写真)、1962年に「州議事堂」(下の下の写真)が竣工した。

高等裁判所

1955年に「ロンシャン礼拝堂」(下の写真)が竣工した。正面ファサードは、蟹の甲羅を形

とったとされる独特の形態で、自由で彫塑的な造形である。屋根は上部に反り返っていて厚さが見えないが、シェル構造を採用して薄く出来ている。この屋根を壁に仕込まれた柱によって支え、壁から浮いているように見せて、その隙間から光が差し込んでくる。これは彼の逆説的な建築技法のひとつである。

ロンシャン

巨大な壁に開けられた開口部に原色のステンドグラスを奥深くはめ込み、差しこむ外光の拡散によって内部に神秘的な空間を演出している。

1955年に日本の「西洋近代美術館」(下の写真))の設計のために来日し、1959年に東京上野の森に「西洋近代美術館」が、竣工した。

この建物の前に、彼の弟子である前川國男の東京文化会館が立っている。

西洋近代美術館

1959年に「ラ・トゥレット修道院」(下の写真)が竣工した。

ラ・トゥレット

  

ル・コルビュジエの椅子

次に、建築を離れて、ル・コルビジェの椅子を紹介します。

ル・コルビジエが造った椅子は、今でもLCシリーズとして販売されいますが、ほとんどが、シャルロット・ペリアン、ピエール・ジャンヌレの三人の共同作品です。

彼は、家具に住居の一部としての機能を求め、これらの家具に「住居設備」と名付けた。

下の写真の三つの椅子ですが、左側から、LC1(スリングチェア)、中央は、LC2(グラン・コンフォート)、右側が、LC4(シェーズ・ロング)です。

特にLC4の「シェーズ・ロング」の椅子は、よく見かけると思いますが、コルビジェはこの椅子を「休息のための機械」と呼んだ。

コルビジェの椅子!


コルビジエの「家は住むための機械である。」の思想のもとに、機械時代にふさわしいデザインを求め、それにシャルロット・ペリアンが答えた。

木の家具が普通だった時代に、金属やアルミニウムの素材を使った家具は、驚きと困惑で迎えられたようです。

発表されてから80年たった今でも欲しいと思わせる椅子で、LCシリーズは、新たに2006年に、彼の残された図面、スケッチをもとに4点追加されいる。

        ●フラミー



住まいインテリア企画室 代表

inserted by FC2 system